院内感染対策指針

院内感染対策指針

1.院内感染対策に関する基本理念

 当院における院内感染の予防・再発防止対策及び集団感染事例発生時に適切な対応を図る事は重要であります。これらを実現・実践する為に院内感染防止対策を全職員が把握し、この指針に則った医療を提供できるよう取り組みます。

2.院内感染対策のための組織に関する基本事項

 当院における感染防止対策の策定と推進を実践する為に、院内感染対策委員会を設置し、毎月1回定例会議を開催しています。又、感染対策実施する為に感染制御チーム(医師・看護師・検査技師・薬剤師など)で構成されたメンバーが、毎週1回院内を巡回して院内感染防止対策を推進しています。

3.院内感染対策のための職員に対する研修に関する基本方針

 病院職員の感染対策に対する意識向上を図るために、感染対策に関する研修を年2回行うほか、必要に応じて実施します。

4.感染症発生状況の報告に関する基本方針

 院内感染の発生予防および蔓延の防止を図るために、週1回毎に発生状況を報告・毎月1回毎に発生率に関する情報を分析し評価した結果を病院職員に周知します。

5.院内感染発生時の対応に関する基本方針

 院内感染発生が疑われる事例が発生した場合には、速やかに現状の確認・感染対策の徹底などを行い、感染拡大を防止します。その状況は迅速かつ随時病院長に報告されます。又届出義務のある感染症患者が発生した場合には、感染症法に準じて行政機関へ報告します。

6.患者等に関する指針の閲覧に関する基本方針

 この指針は、患者または家族の方への感染対策への理解と協力を得るため、院内掲示や当院のホームページに掲載などを行い、積極的な閲覧の推進に努めます。

7.院内感染対策の推進のために必要な基本方針

 院内感染対策推進のため、『院内感染防止対策マニュアル』を整備して、病院職員への周知徹底を図ります。また、このマニュアルは定期的な見直しを行います。

医療法人社団 協友会 東川口病院

  • 検診のご案内
  • 脳ドック健診のご案内
  • 骨粗鬆症が気になる方へ
  • 当院の医療安全指針
  • 院内感染対策指針
  • 採用情報
  • 広報誌けやき
  • 上尾中央医科グループ