部門紹介

エックス線を使った検査は安全ですか?

エックス線と聞くと、何となく怖いかもしれません。エックス線の被曝により発ガンの可能性があることは事実です。しかし医療で使用されるエックス線の量は通常微量であり、発ガンの可能性は極めて小さいものとされています。エックス線以外にも、日常生活の中にはタバコやお酒など健康を害する要因となるものがたくさんあります。それらによるリスク(危険度)とくらべて、エックス線検査によるリスクは決して高いものではありません。わずかの危険を避けた為に病気の発見が遅れてしまい、命を失ってはとても残念です。検査の際には指示した医師が安全かどうか判断し、撮影を担当する放射線技師も、患者様への被曝を極力少なくするように照射範囲を目的箇所にして、体の小さなお子様には照射量を出来る限り少なくするなどの努力をしています。ですから安心してエックス線検査を受けて下さい。

  • 検診のご案内
  • 脳ドック健診のご案内
  • 骨粗鬆症が気になる方へ
  • 当院の医療安全指針
  • 院内感染対策指針
  • 採用情報
  • 広報誌けやき
  • 上尾中央医科グループ